DEFENDER-X 概要

DEFENDER-X防犯カメラなどの映像情報から「不審者」を事前に感知することができる最新のセキュリティーソフトです。
この防犯システムはロシア政府機関により開発、2014ソチオリンピックで目覚ましい効果をあげたことで一躍注目の的となりました。

オリンピックやサミットで採用

2014年のソチオリンピックや2016年伊勢志摩サミットで採用されました。どちらもテロなどの大規模な犯罪行為が発生しませんでしたので、不審者検出率は100%の精度を誇ったといえます。

特別なカメラ購入は不要

既存の防犯カメラシステムに追加が可能なため、新たなカメラの購入は不要です。

Made in JAPAN

ロシアで開発されたシステムを日本の高い技術力でカスタマイズし、世界各国でテロ・犯罪を未然に防ぐ最新のシステムとして販売・稼働しています。

資料請求はコチラ

既存のシステムに追加が可能

DEFENDER-X 導入例

DEFENDER-Xカメラに映った人物の微細振動などを元に「精神状態」を解析することができます。犯罪を起こす潜在的可能性が高い人物を特定し、事前にお知らせします。そのため万引きや、傷害事件・テロなどを高い確率で未然に防ぐことができるのです。
不特定多数が集まる場所で、事前に要注意人物の特定が出来ることにより、警備に掛ける人員の削減が可能です。

デパート・小売店
 

デパート・小売店

周囲を警戒している万引き犯・窃盗犯をいち早く察知し、ターゲットを絞って警戒することで被害を未然に防ぎます。

イベント会場
 

イベント会場

コンサートやサイン会・握手会など各種イベントで、出演者をターゲットとした傷害事件は後を絶ちません。
監視カメラで攻撃性の高い人物を検出し、事件を回避します。

空港・駅
 

空港・駅

多くの人が行きかう空港や駅などは痴漢行為や窃盗、無差別なテロ行為の標的となることがあります。
防犯カメラは記録するだけですが、DEFENDER-Xなら潜在的な危険人物を検知して警戒することができます。

オフィス・工場
 

オフィス・工場

横領や情報漏えい・不正なデータの持ち出し・悪意のある異物混入などの犯罪行為を企てている人物を検出します。

ATM・パチンコ店
 

銀行・ATM

振り込め詐欺や違法な金銭の授受などを行う危険人物を検知します。
パチンコ店での違法行為や強盗・ひったくりなどの犯罪も防ぎます。

学校・医療・介護施設
 

学校・医療・介護施設

敵意のある不審者の侵入はもとより、内部で起こる「いじめ」や虐待など暴力行為を起こす可能性のある攻撃的な人物をいち早く検知します。

資料請求はコチラ

DEFENDER-X 仕組み

どうしてDEFENDER-Xが映像から「不審者」を検知することができるのか?
映像から全身の「振動」を感知し、人の精神状態や潜在的な感情などを知るための画期的な仕組みについてご説明します。

 

身体の振動が感情・ストレスとリンク

ロシア政府による10万人以上の実験

ロシア政府はこの防犯システムの開発にあたり、長期間に渡り10万人を超えるモニターからデータを収集しました。
結果、200パターン以上の身体の振動と感情・ストレスのリンクが発見され、システム実用化の礎となっています。

照合用データベース不要

顔認識などの照合用データベースを必要としないため、不特定多数の中から「不審者」を検知できます。

最短2.5秒で検知可能

初見の人物でも最短2.5秒もの素早さでリアルタイム検知が可能です。もちろん、録画画像による事後解析もできます。

資料請求はコチラ

 

全身の振動を色で可視化

人は生きている限り大なり小なり「振動」しています。
単純に説明すると潜在的に「攻撃的」であったり「緊張」することで、振動数はより多く・より強くなるのです(※身体の部位などによって異なる場合もあります)。
DEFENDER-Xでは身体の振動数を色別に複数人同時に可視化することができます。
興奮・緊張している場合は赤く表示され、特に振動数が異常な人物を「不審者」としてピックアップするのです。

紫・青・緑はスルー

紫は「疲労・倦怠」状態、青・水色は「安息」、緑は「平静・ごきげん」を示しています。

黄色・赤は要注意

黄色は「緊張」、赤は「攻撃的」であることを示し、全身にその兆候が現れることで「不審者」として感知されます。

資料請求はコチラ

 

50項目のパラメータで精神解析

「攻撃性」「緊張度」「疲労度」「ストレス」…など50項目のパラメータで精神状態を解析しています。
使い方によっては自身や従業員の「メンタルチェック」や、ドライバーやパイロットの「就業前検査」ができるほど、詳細な精神解析が可能です。

メンタルチェッカーとしても活躍

約60秒間連続して撮影することによって、より正確で詳細なメンタルチェックを行うことが可能です。
ロシアとアメリカでは特許申請が受理されており、潜在的なストレスをチェックするマシンとして稼働しています。
メンタルチェッカーに特化してカスタマイズされたシステムも販売可能です。お気軽に資料請求・お問い合わせください。

資料請求はコチラ

 

DEFENDER-X 実績

DEFENDER-Xはサミットなど国際的なビックイベントで採用されている防犯管理システムです。
世界的に評価が高まったのは2012年のロシア・ソチオリンピックでした。
具体的な数字でその効果を説明しましょう。
(※人数は「約」です)

▼ソチオリンピック実績▼

1 来場者数・1日あたりのピーク人数
1 1日あたりの不審者検知数
1 検知された不審者のうち、検査を行った上で入場を断った人数
92% 検知された不審者のうち、検査を行った上で入場を断った割合
 

▲入場を断った理由▲

薬物・火薬類・その他持ち込み禁止物の所持・・・72%
チケット無しなど・・・20%
異常行動(泥酔・薬物使用の疑いなど)・・・8%

事故が発生しなかったので、検出失敗は

ゼロパーセント

といえます。

 
 

【その他の導入事例】

ロシア国内で約500システムが稼働中(デパート・空港・政府機関など)
2016年「伊勢志摩サミット」で稼働
世界各国で稼働中
アメリカ、中国、韓国、ブラジル、ドイツ、オーストラリア、
スウェーデン、スイス、エジプト、ベトナム、インドネシア
など世界各国で約500システムが稼働中

DEFENDER-X

導入オプション

安全教育指導

入場ゲートや店内で、検知した人に対しての声掛けを徹底することで、犯罪防止の抑止力になる反面、不審者への対応を間違えてしまうと、思わぬ事態に発展するかもしれません。
貴凛庁は自衛隊・警察庁・消防庁のOB、OGが中心となって運営しています。OB・OGにより、各分野の安全管理メソッドをご指導させて頂くことが出来ます。
企業の安全対策を専門としている我々に、ぜひお気軽にご相談ください。

資料請求はコチラ

DEFENDER-X


料金・お問い合わせ先

料金プランについてはお気軽にご連絡ください。短期イベントの警備強化のための1日レンタルなども承っております。

資料請求はコチラ

会社概要

貴凛庁株式会社(きりんちょう・かぶしきがいしゃ)
〒111-0053 東京都台東区浅草橋 3-1-8 アダックスビル 9階
TEL:03-5835-0118 FAX:03-3864-5080 http://kirintyou.co.jp

© 2017 貴凛庁株式会社 All Rights Reserved.